Monthly Archives: 7月 2017

様々な資格を

医療事務の仕事は競争率も激しく、募集の件数も少ないので狭き門と言えるでしょう。その上募集が掛かったと思えば経験者の募集である事も多く中々職にありつけない事も多いです。ですが、専門学校であればそうした問題も解決できる場合があります。

専門学校には各医療機関にパイプを持っている場合が多く就職の先を独自に紹介してくれる可能性があります。医療機関側もどの程度の学習が終わっているのか正確に把握する事が出来るため雇いやすいという事もあるのでしょう。

また専門学校で得ることのできる資格はその他の学習法で得られるものよりも多岐にわたっている為、もしも他の道に進みたくなったとしてもその経験が無駄になるような事はありません。二年生の専門学校の場合ですと平均して十種類以上もの資格を手にする事が出来ます。それらの資格が就職において有効になる事は言うまでもありません。パソコンのスキルも学べるので社会人としての最低限のスキルは身に付くでしょう。

専門学校は確かに入学に費用は掛かってしまいます。ですがその掛かった費用に見合っただけのリターンがありますので資格が欲しいと悩んでいる方はこれを機に専門学校で集中的に学習してみては如何でしょうか。

効率の良い学習

医療事務の学習において重要となる事は、診療点数早見表になれる事や、医療専門用語の漢字や略字を完璧に覚える事が挙げられます。これらのことがしっかりと出来ていなければ業務に支障が出ますし、最悪まるで関係ない症状として計算してしまう事も起こりえるでしょう。

専門学校に通うことで、しっかりと集中的に学習すればそうした事が起こるリスクは少なくなりますし、何より資格の取得ができるというのは就職するにあたって強みになります。医療事務の資格は殆どが民間資格となりますので、色々な種類があるのですが、そうした数ある資格の中から最適な物を選択してくれる事も独学では得る事のできない強みとなります。

また、専門学校で学ぶ事は医療事務についての専門学科の他にも、医療についての法律や医療英語なども学べるので、医療事務のみに留まらず関わる業務について広い知識を得ることが出来ます。それらの知識を持っていればいざ働きだした時に戸惑う事が少なく済みますし、レセプトコンピューターを実際に使用した授業もあるので実際に働く前に様々な事に慣れて行く事が出来ます。

独学では得られない経験や、効率的な知識や資格の選択が出来るというのが専門学校に通うメリットとなります。また、独学だけでなく通信講座にも言えることですが、専門学校でしたら疑問点があったときに担当教員にすぐに質問する事が出来ます。どんな学習にも言えることですが、疑問を疑問のまま放置していては成長はあり得ません。そうした疑問にもすぐに明確な答えが返ってくるという点も優れていると言えるでしょう。

医療事務は専門学校へ

医療事務の仕事とは、勤務先によって大きく変わることはありますが基本的には患者の保険証等の情報や、診療内容等のデータを入力する事が主な仕事になります。その他にも医療費の計算などもする為、ある程度の専門知識が必要なる仕事です。

医療費の計算は患者が加入している社会保険や国民健康保険によって変わってくるため、その患者によって計算しなくてはなりません。また、患者が支払った金額は診療費の一部ですので、残りを各保険に請求するために診療報酬明細書という物も作成するのですが、これも医療事務員の仕事になります。これらの書類の作成や金額の算出には診療報酬点数表に基づいて行われるので専門知識が必要になってくるのです。

診療報酬点数表は三種類あり、医療診療か歯科診療か調剤診療かによって異なってきます。これらの専門知識を独学のみで学ぶことが絶対に不可能だとは言いません。ですが、相当に険しい茨の道である事は覚悟しなくてはならないでしょう。

ではそうした独学で学ぶ以外にどのような方法があるのかと言うと、通信講座や通学講座、専門学校があります。どれも独学で学ぶよりも効率よく知識を習得できるのでおすすめできますが、このページでは特に専門学校についてどうして専門学校に通う事がメリットになるのか、という事について解説します。

未経験者の中途採用には厳しい医療事務の仕事です。経験がものを言う所もありますし、何より計算が速くなくては仕事にならないからです。経験者であればある程度の技術があるという事が前提になってきますので、それらの問題が解決できるという事です。中途採用は難しくなりますが、そう言った方であっても専門学校に通って知識と資格を得る事は強みになりますので、ぜひ検討してください。