医療事務は専門学校へ

医療事務の仕事とは、勤務先によって大きく変わることはありますが基本的には患者の保険証等の情報や、診療内容等のデータを入力する事が主な仕事になります。その他にも医療費の計算などもする為、ある程度の専門知識が必要なる仕事です。

医療費の計算は患者が加入している社会保険や国民健康保険によって変わってくるため、その患者によって計算しなくてはなりません。また、患者が支払った金額は診療費の一部ですので、残りを各保険に請求するために診療報酬明細書という物も作成するのですが、これも医療事務員の仕事になります。これらの書類の作成や金額の算出には診療報酬点数表に基づいて行われるので専門知識が必要になってくるのです。

診療報酬点数表は三種類あり、医療診療か歯科診療か調剤診療かによって異なってきます。これらの専門知識を独学のみで学ぶことが絶対に不可能だとは言いません。ですが、相当に険しい茨の道である事は覚悟しなくてはならないでしょう。

ではそうした独学で学ぶ以外にどのような方法があるのかと言うと、通信講座や通学講座、専門学校があります。どれも独学で学ぶよりも効率よく知識を習得できるのでおすすめできますが、このページでは特に専門学校についてどうして専門学校に通う事がメリットになるのか、という事について解説します。

未経験者の中途採用には厳しい医療事務の仕事です。経験がものを言う所もありますし、何より計算が速くなくては仕事にならないからです。経験者であればある程度の技術があるという事が前提になってきますので、それらの問題が解決できるという事です。中途採用は難しくなりますが、そう言った方であっても専門学校に通って知識と資格を得る事は強みになりますので、ぜひ検討してください。